オバマ(オバマ上院議員)さんと、アメリカの大統領選挙を見守るブログ!

[スポンサード リンク]

オバマ上院議員(バラク・オバマ)は、アメリカ合衆国の政治家である。

本名:バラク・フセイン・オバマ(Barack Hussein Obama, Jr.)

オバマ上院議員に関する基本情報

1961年8月4日生まれ、45才(2007-3月現在)

イリノイ州選出のアメリカ合衆国上院議員である。 2004年、対立候補を大差で破り、上院議員に初当選した。
オバマ上院議員は、黒人である 現在、唯一のアフリカ系アメリカ人の上院議員である。 選挙によって選ばれた、歴代3人目のアフリカ系上院議員である。

希望の大胆さ



このところ、アメリカではバラク・オバマ上院議員のブームが吹き荒れている。

オバマ氏は、その容貌から「政界のタイガーウッズ」と呼ばれている。

2008年アメリカ大統領選挙を前に、民主党の予備選挙戦でトップを走ってきたヒラリー・クリントン上院議員を着実に追い上げてきた。

オバマ氏は、最近のある世論調査で32%の支持率を記録した。クリントン議員の30%に対して32%を記録し、民主党候補のトップに躍り出たことになる。

これにより、ヒラリー・クリントン議員の独壇場となるかのように思われた大統領選挙戦が、オバマ氏のための舞台になりつつある。

オバマ氏が全米レベルのスターに浮上したのは、2004年の民主党大会でのことだ。

オバマ氏は、「本来のアメリカに戻ろう」と叫んだ。

「アメリカの偉大さは、摩天楼の高さや、軍事力、経済規模から生まれたものではない。われわれの誇りは、すべての人間は平等な存在として生まれた、とした200年前の独立宣言に根ざしている。」と語った。そして、オバマ氏が、「この地球上で、貧しいケニヤ人の留学生を父に持つ子どもが、これほどの成功をつかめる国がほかにあるだろうか。」と語ったとき、有権者たちは歓喜したのであった。

国境を越えて人やモノが行き交うグローバル時代に入り、どの国の人間も、祖国という言葉を聞くとなぜか胸が熱くなる。オバマ氏は、この部分で好印象をあたえ、支持を勝ち取る事に成功した。

オバマ上院議員のは、著書「希望の大胆さ」で「大胆な希望」を主張している。

オバマ上院議員は、シンクタンクのような政策チームと外部からの500人以上の諮問グループを動員し、政策の立案を進めている。



オバマ氏の主張



posted by オバマ応援団 | オバマ氏の主張

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。